よくあるご質問 Q&A > 商品・お取引 > 国内株式 > 現物取引 > 取引 > 買付余力があるのに「買付余力が不足しております。」とエラーが出ます。なぜですか?
?

買付余力があるのに「買付余力が不足しております。」とエラーが出ます。なぜですか?

A

当社では、発注段階での完全前受金制を採用しており、買付注文の場合はお客さま名義の証券総合口座でお預りしているご資金(買付余力)内でのご注文を受付しております。

また、成行注文や逆指値注文は、以下のとおり、最も高い価格で約定した場合を想定した概算受渡金額分のお預り資金(買付余力)が必要になります。

[通常(成行)注文]      呼値・制限値幅について
「制限値幅の上限(ストップ高)×株数+株式委託手数料・消費税」
の金額以上のお預り資金(買付余力)が必要となります。
成行注文を出す際は、基準値(前営業日の終値、または最終気配値)から値幅制限を加味したストップ高を基準に計算いたします。

例):A銘柄を成行で100株買付する場合
(1)基準値段5,000円(制限値幅上下1,000円)⇒ストップ高は6,000円。
(2)値幅の上限6,000円×100株⇒600,000円の買付余力が必要です。
(手数料(税込)は別途必要となります)

 

[逆指値注文(当日注文)]
「制限値幅の上限(ストップ高)×株数+株式委託手数料・消費税」の金額以上のお預り資金(買付余力)が必要となります。
執行価格を「成行(引成・不成を含む)」とする当日の逆指値注文の「概算受渡金額」は、基準値(前営業日の終値、または最終気配値)から値幅制限を加味したストップ高を基準に計算いたします。

例):A銘柄を逆指値注文、現在値が5,500円になった時点に成行で100株買付する場合
(1)基準値段5,000円(制限値幅上下1,000円)⇒ストップ高は6,000円。
(2)値幅の上限6,000円×100株⇒600,000円の買付余力が必要です。
(手数料(税込)は別途必要となります)

 

[逆指値注文(期間指定注文)]
「制限値幅の上限(※)×注文株数+株式委託手数料・消費税」の金額以上のお預り資金(買付余力)が必要となります。

(※)執行価格を「成行(引成・不成を含む)」とする期間指定の逆指値注文の「概算受渡金額」は、参照価格がストップ安である場合の基準値を算出し、当該算出した基準値のストップ高を基準に計算いたします。

例:A銘柄(基準値段4,000円)を逆指値注文、現在値(参照価格)が4,200円になった時点に成行で100株を期間指定で買付する場合

(1)参照価格が含まれる値幅帯を探す
「4,200円」が含まれる値幅帯は以下の2つである。
・基準値段が4,000円のとき、制限値幅は±700円
⇒値幅帯3,300〜4,700円⇒「4,200円」が含まれる
・基準値段が5,000円のとき、制限値幅は±1,000円
⇒値幅帯4,000〜6,000円⇒「4,200円」が含まれる

(2) 参照価格を元に基準値段を算出
参照価格(4,200円)を制限値幅下限(ストップ安)として計算。
制限値幅±700円の場合⇒4,200円+700円=4,900円
制限値幅±1,000円の場合⇒4,200円+1,000円=5,200円

(3)制限値幅の上限(ストップ高)の決定
(2)で算出した仮の基準値段から制限値幅上限(ストップ高)を算出。
制限値幅±700円の場合⇒4,900円+700円=5,600円
制限値幅±1,000円の場合⇒5,200円+1,000円=6,200円
当社では、より高額な「6,200円」を制限値幅上限(ストップ高)とする。

(4)買付余力の拘束金額の確定
値幅の上限6,200円×100株=620,000円の買付余力が必要です。
(手数料(税込)は別途必要となります)


[指値注文]
「指値×株数+株式委託手数料・消費税」の金額以上のお預り資金(買付余力)が必要となります。

参考になりましたか?
Powered by i-ask
ページトップへ