よくあるご質問 Q&A > iDeCo(確定拠出年金) > 申し込み > 個人型の年金制度なのに、なぜ事務所(勤務先)の登録をしなければならないのですか?また、なぜ申し込み時に事業主が作成した証明書を添付する必要があるのですか?
?

個人型の年金制度なのに、なぜ事務所(勤務先)の登録をしなければならないのですか?また、なぜ申し込み時に事業主が作成した証明書を添付する必要があるのですか?

A

個人型年金において、第2号被保険者の方は全て厚生年金保険の適用事業所(勤務先)に紐付けられるため、第2号被保険者が個人型年金に加入する場合、または継続する場合には、厚生年金保険の適用事業所は国民年金基金連合会へ事業所登録を行う必要があります。


また、第2号被保険者の方が個人型年金にご加入いただく際は、ご勤務先の年金制度について事業主様に証明いただき、加入の可否を判定します。
お申し込み時に添付いただく「事業所登録申請書兼第2号加入者に係る事業主の証明書」は、上記のとおり、個人型年金の加入者資格を証明するための目的と、国民年金基金連合会で事業所登録を行っていない場合、事業所登録を行うために使用されます。

(共済組合の加入員の方がご加入いただく際には、事業主様が事前に国民年金基金連合会へ事業所登録を行う必要があります。事業所登録の有無につきましては、ご勤務先で確認ください。なお、お申し込み時には、「第2号加入者に係る事業主の証明書(共済組合員用)」を添付いただく必要があります。)

参考になりましたか?
Powered by i-ask
ページトップへ