?

配当金や優待の受け取り方法は?

A

決算時に配当金や株主優待の権利を得た場合、そのご案内は、決算より約2〜3ヵ月後に、証券会社を介さず、直接発行会社から届けられます。

■株主優待
銘柄ごとに、優待内容・受取方法が異なります。お手元に届くご案内でご確認いただくか、直接発行会社へお問い合わせください。

■配当金
普通株、または優先株の株主に支払われる会社の利益の一部です。

平成21年1月の株券電子化の施行に伴い、株式の配当金受領方法を下記の3つの方式から選べるようになりました。
また、お客さまの口座情報などの一部は、証券保管振替機構(ほふり)を介して各証券会社で共有されます。
複数の証券会社に口座がある場合、SBI証券で配当金受領方式を変更すると、他の証券会社でご登録中の受領方式も変更されます。
※株券電子化制度の仕組み上、ご希望の配当金の受領方法をお選びいただけない場合がございます。

<株式数比例配分方式>
複数の証券会社に口座がある場合、各証券会社の株式保有残高に応じた配当金を、各証券口座にて受領する方式です。
当社での保有株式数に応じた配当金は、SBI証券口座に入金されます。
※2010/1/1から、特定口座(源泉徴収あり)内での上場株式の配当金などの受領、特定口座内での配当金と譲渡損失の損益通算ができるようになりました。
※NISA口座で買付した国内株式の配当金を非課税にするには、配当金の受領方法を証券会社の口座へ入金される「株式数比例配分方式」に登録する必要があります。

<登録配当金受領口座方式>
複数の証券会社に口座がある場合でも、お客さまが保有するすべての株式など(保管振替機構の残高に応じた)の配当金を、指定した一つの金融機関でまとめて受領できる方式です。
「登録配当金受領口座方式:登録時の振込先金融機関へ振込」をご選択の場合、その後、出金先指定口座を変更されても、配当金受領口座は変更されません。配当金受領口座の変更もご希望の場合は、配当金受領方法選択画面で、「登録配当金受領口座方式:当社振込先金融機関と異なる金融機関へ振込」を選択し、登録する必要があります。

<従来方式>
従来から行われている方法で、銘柄ごとに直接発行会社から配当金領収書等を受け取り、郵便局などで配当金を受領する方式です。発行会社に対し口座振込を指定することで、指定した金融機関に配当金が振り込まれます。

参考になりましたか?
Powered by i-ask
ページトップへ