よくあるご質問 Q&A > 商品・お取引 > 国内株式 > 画面表示について > 「ポートフォリオ」「口座管理」画面にある「取得単価」や「参考単価」は、どのように表示していますか?
?

「ポートフォリオ」「口座管理」画面にある「取得単価」や「参考単価」は、どのように表示していますか?

A

当社の表示ルールに基づき、以下のように表示しています。

■特定口座/特定預り商品の「取得単価」

<国内株式>
お買付の際の手数料を含めた「移動平均価格」を表示します。
そのため、実際に買付けた価格(約定価格)とは異なります。また、後日同じ銘柄を買付した場合、その精算金額の合計から平均取得単価を算出いたします。
また、「移動平均価格」は、取引の都度、リアルタイムで計算しますので、約定日ベースで算出する特定口座の「取得価額」とは異なる場合があります。

<投資信託>
株式投資信託の取得価額は個別元本の額を基に計算しております。また、この価額には購入手数料、および消費税額等を加算しております。

取得価額=個別元本+手数料及び消費税額等
個別元本とは、投資家ごとの取得価額を反映させた課税方式のこと。
異なる価額で何回かに分けてお買付になった場合は、個別元本は移動平均法で計算されます。また、元本払戻金(特別分配金)(非課税)が発生した場合は、個別元本ならびに取得価額より元本払戻金(特別分配金)を控除して、修正(減額)されます。


■一般口座・特定口座/一般預り商品の「参考単価」

<国内株式>
「加重平均価格(複数回買付をした場合の平均単価)」を表示します。
売却された場合は、原則、先入れ先出し方式(先に預りに反映した株式から順次売却したものとして処理します。ただし、同日の場合は、買付の安い値の順で売却したものとして処理します。)に基づき加重平均価格を算出します。
また、お取引の条件などにより、先入れ先出し方式での算出とならない場合があります。

<投資信託>
「個別元本」を表示します。
※投資信託の個別元本については、「NISA預り」と課税口座(特定預り、一般預り)に、同一銘柄の投資信託を保有されている場合、個別元本は合算して計算します。また、元本払戻金(特別分配金)(非課税)が発生した場合は、個別元本より元本払戻金(特別分配金)を控除して、修正(減額)されます。



■NISA口座/NISA預り商品の「取得単価」

<国内株式>
特定預りと同様に移動平均価格での表示となります。NISA制度開始以降(2014年1月6日受渡日以降)、お取引いただいた分も含めて計算されます。

<投資信託>
株式投資信託の取得価額は個別元本の額を基に計算しております。また、この価額には購入手数料、および消費税額等を加算しております。

取得価額=個別元本+手数料及び消費税額等
個別元本とは、投資家ごとの取得価額を反映させた課税方式のこと。
異なる価額で何回かに分けてお買付になった場合は、個別元本は移動平均法で計算されます。また、元本払戻金(特別分配金)(非課税)が発生した場合は、個別元本ならびに取得価額より元本払戻金(特別分配金)を控除して、修正(減額)されます。


※NISA預りの国内株式および投資信託の取得単価については、課税口座(特定預り、一般預り)に、同一銘柄を保有されている場合でも、合算することなく別銘柄として取得単価を計算します。
 ただし、投資信託の個別元本については、「NISA預り」と課税口座(特定預り、一般預り)に、同一銘柄の投資信託を保有されている場合、個別元本は合算して計算します。

参考になりましたか?
Powered by i-ask
ページトップへ