よくあるご質問 Q&A > 商品・お取引 > 外国株式 > 取引 > 外国株式を取引する際の決済方法は日本円で行うのですか。または外貨で行うのですか?
?

外国株式を取引する際の決済方法は日本円で行うのですか。または外貨で行うのですか?

A

決済方法は現地通貨による「外貨決済」と、日本円による「円貨決済」をご選択いただけます。

外貨決済をご選択される場合は、当該外国株式の現地通貨で決済いたします。外国株式の買付取引に必要なご資金を、あらかじめ「為替取引」で外貨をご準備いただくか、住信SBIネット銀行の外貨入出金サービスにて証券口座に外貨をご入金ください。外貨の買付余力の範囲でご注文いただけます。売却時にも決済方法を選択可能ですが、外貨決済をご選択される場合、売却代金は、外国株式取引口座の外貨残高として資金が反映いたします。

円貨決済をご選択される場合は、証券口座(SBIハイブリッド預金含む)の日本円の買付余力の範囲でご注文いただけます。また、売却時にも決済方法を選択可能ですが、円貨決済をご選択される場合、売却代金は証券口座の日本円残高として資金が反映いたします。


なお、下記対象となる商品の日計り取引を行ったあとに、当該取引の受渡日と同一の国内受渡日となる外国株式の円貨決済での買付注文を発注する場合、余力のチェックは、通常の買付余力とは異なり、日計り拘束金控除後となります。そのため、対象となる商品の日計り取引をした際の当該売却代金からでは、外国株式の円貨決済での買付注文が発注できない場合がございますので、あらかじめご注意ください。
(対象となる商品の一例)

  • 前営業日の国内株式PTSナイトタイムセッション日計り取引-米国株式、中国株式、韓国株式に影響
  • 営業日当日の国内株式現物日計り取引(取引所取引、およびPTSデイタイム・セッション)-米国株式、中国株式、韓国株式に影響
  • 営業日当日のカバードワラント日計り取引-米国株式、中国株式、韓国株式に影響

など

参考になりましたか?
Powered by i-ask
ページトップへ