よくあるご質問 Q&A > 商品・お取引 > 先物オプション取引 > 追加証拠金(追証)・損金等 > 先物・オプション取引口座で追加証拠金(追証)になった場合はどうすればよいですか?
?

先物・オプション取引口座で追加証拠金(追証)になった場合はどうすればよいですか?

A

追加証拠金の発生日の翌営業日15時30分 前までに当該追加証拠金額を、「先物・オプション取引口座」へお振替えください。

【追加証拠金の入金方法】
 

@ 「入出金・振替」タブを押下ください。

A 「振替」を押下ください。

B 振替指示画面の振替口座選択欄で『証券総合口座→先物・オプション取引口座(当日扱い)』をご選択ください。

C 振替指示可能額の範囲内で振替指示金額欄に金額をご入力ください。

D 取引パスワードをご入力ください。

E 「振替指示確認」ボタンを押下して、確認画面にて問題なければ、「振替指示」ボタンを実行してください。

※ MOBILE SBI(モバイル端末)、スマートフォンサイト、HYPER 先物・オプションアプリ(スマートフォン専用アプリ)やHYPER SBIからもお振り替えいただけます。



※お取引の状況等により、「当日扱い」のお振り替えができない場合がございます。この場合、原則15時 前までに証券総合口座へ着金するようにご入金いただき、上記、「当日扱い」のお振り替え手続きを15時30分 前までに完了させてください。

※即時入金サービスでは15時過ぎの入金は翌営業日付の計上となりますため、受入期日当日の場合、「当日扱い」の振替可能額には反映されませんのでご注意ください。

※SBIハイブリッド預金残高分は「当日扱い」の振替指示可能金額に反映されません。お手数ですが、あらかじめSBIハイブリッド預金口座から証券総合口座に即時入金サービスをご利用いただきご入金後、上記、「当日扱い」のお振り替えをお願いいたします。

※HYPER先物コースは、『新規建てを行ったセッション』に限定したサービスとなるため、プレ・クロージングセッションまで未約定注文や建玉が残っている場合は、未約定注文はキャンセルされ、建玉は最大指値にて決済注文(クローズ決済)を発注いたしますが、当該クロージングセッションにて建玉が決済されなかった場合、次セッションの寄付きにて最大指値にて決済注文を発注いたします。 その際、日中立会終了時に建玉を保有していた場合、HYPER先物コースをご選択した場合であっても、保有していた建玉に対して通常コースと同様の維持証拠金にて、証拠金判定が行われ、証拠金状況によっては追証が発生することがありますので、ご注意ください。 

【追加証拠金のご入金が確認できない場合】
発生日の翌営業日15時30分 前までに、当社にて「先物・オプション取引口座」への追加証拠金の入金の確認ができなかったときは、評価益等により不足額が回復した場合であっても、期限の翌営業日にすべての建玉を決済し、以後の新規建てを停止させていただくこととなりますのでご注意ください。

先物・オプション取引で発生した追加証拠金の確認方法は、以下の「参考」をご参照ください。

参考になりましたか?
Powered by i-ask
ページトップへ