よくあるご質問 Q&A > 税金・特定口座 > 特定口座 > 取得価額について > 保有していた株式を同日中に売却して新たに買付した場合、取得単価や譲渡損益はどのように計算するのですか?
?

保有していた株式を同日中に売却して新たに買付した場合、取得単価や譲渡損益はどのように計算するのですか?

A
同日中に、同一銘柄の株式を複数回にわたって売買した場合、特定口座の制度上、「売り」が先であっても「買い」が先にあったものとみなして取得単価を計算します。
例えば、ある銘柄を一旦売却して利益や損失を確定させ、再度同一銘柄を同日中に買付した場合、実際の売り・買いの順序に関係なく、先に買付があったものとします。買付の取得単価は、前日から繰越された取得価額と当日の全ての買付の取得価額を平均した価額をもとに計算します。譲渡損益は、その日の最後にすべての売却があったものとして計算されます。


【例1】利益を確定した後に買付した場合
前日:A株式 取得単価1,000円/株数10,000株=取得価額10,000,000円(1)
当日:A株式売り(譲渡単価1,200円×10,000株=譲渡価額12,000,000円(2)

A株式買い(取得単価1,100円×10,000株=取得価額11,000,000円(3)
当日の取得単価:
(10,000,000円(1) + 11,000,000円(3)) ÷ 20,000株 = 1,050円
当日の譲渡損益:
譲渡価額 12,000,000円(2) − (1,050円 × 10,000株) = 1,500,000円
↑この場合、取得単価は、前日までの取得単価より高く(前日までの取得単価1,000円→上記計算後の取得単価1,050円)なりますが、この日に買付した1,100円とはなりません。また、譲渡損益は、この日に買付した1,100円の買付分も含めて計算されますので、前日までの取得単価1,000円を譲渡単価1,200円で売却したことにはなりません。


【例2】損を確定した後に買付した場合

前日:B株式 取得単価1,000円/株数10,000株=取得価額10,000,000円(1)
当日:B株式売り(譲渡単価500円×10,000株=譲渡価額5,000,000円(2)

B株式買い(取得単価510円×10,000株=取得価額5,100,000円(3)
当日の取得単価:
(10,000,000円(1) + 5,100,000円(3)) ÷ 20,000株 = 755円
当日の譲渡損益:
譲渡価額 5,000,000円(2) − (755円 × 10,000株) = −2,550,000円
↑この場合、取得単価は、前日までの取得単価より低く(前日までの取得単価1,000円→上記計算後の取得単価755円)なりますが、この日に買付した510円とはなりません。また、譲渡損益は、この日に買付した510円の買付分も含めて計算されますので、前日までの取得単価1,000円を譲渡単価500円で売却したことにはなりません。
 
※   消費税、手数料等は取得価額に算入されますが、計算の便宜上、当Q&Aではこれらを含めず計算しています。
参考になりましたか?
Powered by i-ask
ページトップへ