よくあるご質問 Q&A > 税金・特定口座 > 確定申告/譲渡益課税 > 確定申告する際に税務署に提出する書類について教えてください
?

確定申告する際に税務署に提出する書類について教えてください

A
提出する書類としては主に下記のものがあげられます。詳細につきましては所轄の税務署にご確認ください。
「特定口座年間取引報告書」以外は、税務署、または国税庁のホームページからプリントアウトすることにより、入手可能な書類になります。
● 申告書B第一表・第二表
● 申告書第三表(分離課税用)
● 「株式等に係る譲渡所得等の金額の計算明細書」または「特定口座年間取引報告書」
ご注意:当社以外に特定口座(源泉徴収なし)がある場合、また特定口座(源泉徴収なし)内で特定預り銘柄と一般預り銘柄の譲渡がある場合は、それぞれの口座の合計表として「株式等に係る譲渡所得等の金額の計算明細書」を記載し添付する必要があります。

● 申告書付表(上場株式等に係る損失の繰越用)⇒「譲渡損益の繰越控除」特例を適用する場合
「株式等に係る譲渡所得等の金額の計算明細書」は、ご郵送及び電子交付された「取引報告書」「取引残高報告書」などによりお客様ご自身で必要項目へ記入します。
なお、当社でお買付された株式等の「取引報告書」「取引残高報告書」がない場合は、当社WEBサイト「口座管理」>「取引履歴」にて過去2年間のお客さまの取引履歴をCSV形式でダウンロードすることができますのでご活用ください。
ダウンロードした取引履歴は、確定申告やご自身の損益管理などにご利用いただけます。
※カバードワラント取引の損益明細につきましては、最大、過去3年間の履歴をご覧いただけます。
参考になりましたか?
Powered by i-ask
ページトップへ