よくあるご質問 Q&A > ツール・アプリ > HYPER SBI > 個別銘柄・取引 > HYPER SBIで取引パスワードを記憶(保存)させる方法は?
?

HYPER SBIで取引パスワードを記憶(保存)させる方法は?

A

取引パスワードは、以下の方法で、記憶(保存)させることができます。

設定画面からの取引パスワード保存設定方法(設定したPCからのログイン時は継続して有効)

<操作方法>
1、画面左上の「メニュー」から「各種設定」>「システム設定」>「パーソナル」>「全般」へと進み、「パーソナル:全般」画面を表示させます。
2、取引パスワード保存設定の「取引パスワードを保存する」にチェックすると、別画面にて「取引パスワードが保存されます。注文確認画面を省略するとワンクリックで発注されますのでご注意ください。」と表示され、「OK」ボタンを押下すると、「取引パスワード」の入力ボックスがアクティブとなり、入力が可能となります。
3、取引パスワードを入力のうえ、画面下の「適用」ボタンを押下いただくと、取引パスワードの保存設定が完了となります。
※取引パスワードを保存するのチェックを外さない限り、設定したPCからのログイン時は保存された状態を維持します。



ログイン時のみ取引パスワードの保存を有効とする方法

下記の1、もしくは2の方法で取引パスワードを保存することが出来ます。
※ログイン中のみ、取引パスワードが保存され、HYPER SBIを終了すると、取引パスワードの保存が解除されます。


1、HYPER SBI起動後、画面左上のパスワード入力ボックスに取引パスワードを入力して記憶させます。
※設定画面から取引パスワード保存設定された場合や注文確認画面にて取引パスワード保存設定された場合も、画面左上のパスワード入力ボックスに取引パスワードが自動で反映いたします(取引パスワードは第三者から見えないように「*(アスタリスク)」で表示されます。)

<参考>ツールバー画面

2、注文確認画面で取引パスワードを入力し、取引パスワードを保存にチェックを入れる。

<参考>HYPER SBI注文確認画面


ご注意事項
※取引パスワードを記憶(保存)させることで取引ごとにパスワードを入力する必要がなくなります。パソコンから離れる場合は、必ず、画面左上のSBI証券ロゴの右横にあるカギマーク (システムロック)をクリックし、第三者が操作できないよう、ロックしてください。ロックの解除にはログインパスワードの入力が必要です。
※『システム設定画面』にて、「取引パスワードを保存」にチェックをしていれば、メニュー左上部のPW欄で取引パスワードを変更した場合、システム設定画面の取引パスワードも変更されます。
※取引パスワード保存設定後に「取引パスワードを保存する」のチェックを外すと保存設定が解除されますが、解除が有効になるのは、再ログイン時となります。
なお、取引パスワード保存設定済の状態でメニュー左上部の取引パスワードを削除いただいても、設定が解除されていないため、再ログイン時に取引パスワード保存設定が有効になりますのでご注意ください。

参考になりましたか?
Powered by i-ask
ページトップへ