よくあるご質問 Q&A > 商品・お取引 > FX > 不足額(追加保証金) > レバレッジの判定により不足額(追加保証金)が発生しましたが、解消するにはどのようにすればよいですか?
?

レバレッジの判定により不足額(追加保証金)が発生しましたが、解消するにはどのようにすればよいですか?

A

レバレッジ判定による不足額(追加保証金)の充当については、翌営業日(FX取引日)の取引時間終了時点(夏時間午前5:30、冬時間午前6:30)の30分前までに不足額を外国為替保証金取引口座に振替えいただくか、未決済建玉の全部もしくは一部を決済していただき不足額を解消していただく必要がございます。
なお、不足預託保証金の充当期限内であったとしても、不足額の充当の有無にかかわらず、相場変動にともないロスカットに至る場合もありますのでご注意ください。

※法令上、相場変動による既存建玉の保証金率の回復(自然回復)は、不足額の充当とは認められません。
※法人のお客さまは、2017/2/27(月)より、保証金規制が開始されたことから、1つのレバレッジコースでお取引いただくようになりました。
※スタンダードコースをご選択いただいている個人のお客さまも、レバレッジが25倍を超過し、不足額(追加保証金)が発生することがあります。
※各ローレバレッジコースにおいては、通常、追加保証金(追証)発生となる前にロスカットが発動するため、追加保証金(追証)は発生しません。
※お客さまのレバレッジを各営業日のロールオーバー時に判定を行い、レバレッジが25倍(法人のお客さまの場合、金融先物取引業協会で発表された保証金率を元に算出されたレバレッジ)を超過し、預託額に不足が生じている場合は、SBIFXαの取引サイト上にその旨を表示いたします。レバレッジが25倍(法人のお客さまの場合、金融先物取引業協会で発表された保証金率を元に算出されたレバレッジ)を超過する可能性のある口座状況のお客さまは、常時取引サイトをご確認ください。


※1 ロールオーバーは、原則として、日本時間AM6:30以降(米国夏時間の場合は日本時間AM5:30以降)に自動的に行ないます。
※2 日本時間AM6:00(米国夏時間の場合は日本時間AM5:00)
※3 強制決済は日本時間AM6:00以降(米国夏時間の場合は日本時間AM5:00以降)に順次決済。
※4  国内が非営業日の場合でも、お取引が可能な日については、前営業日の取引時間終了時点
      (夏時間午前5:30、冬時間午前6:30)の30分前に不足額(追加保証金)の充当状況を確認させていただきます。
    また、前営業日の取引時間終了時点にレバレッジの判定も行います。
    その場合、営業日に通常使用するロールレートではなく、夏時間午前5:30、冬時間午前6:30時点のスポットレートを使い、判定させていただきます。
※5 FX取引株券担保サービスをご利用されている場合、不足額(追加保証金)確定後、保護預かり有価証券の代用振替(保護預かり⇒代用預かり)をいただいても、代用有価証券として評価されるのは、振替手続き後、原則2営業日目のロールオーバー処理終了後となります。そのため不足額(追加保証金)の充当期限に間に合いませんので、ご注意ください。

参考になりましたか?
Powered by i-ask
ページトップへ