よくあるご質問 Q&A > 税金・特定口座 > 特定口座 > 取得価額について > 資本剰余金を原資とする配当を受取った場合、取得単価はどのようになりますか?
?

資本剰余金を原資とする配当を受取った場合、取得単価はどのようになりますか?

A
特定口座(特定預り)の株式において、資本の払い戻し(資本剰余金の額の減少)があった場合は、以下のとおり、特定口座での取得単価が調整されます。

資本の払い戻しがあった日(配当支払の効力発生日)において保有している株式がある場合、所得税法施行令第114条の規定に基づき、純資産減少割合に応じて資本の払い戻しに相当する額について、株式の取得価額を修正(減額)しなければならないこととされています。

例えば、取得単価1,000円、保有株式100株の株式が、資本剰余金を原資とする剰余金の配当を実施したと仮定します。その際の純資産減少割合を0.2とした場合、以下のように取得単価が調整されます。

【計算式】
{ 取得単価1,000円 ×( 1 − 純資産減少割合0.2 )× 権利株数100株 } ÷ 権利株数100株 ≒ 修正後取得単価800円(小数点以下切上げ)
参考になりましたか?
Powered by i-ask
ページトップへ