よくあるご質問 Q&A > 商品・お取引 > 国内株式 > 現物取引 > 取引 > 成行注文と指値注文の違いは?
?

成行注文と指値注文の違いは?

A

成行注文と指値注文の違いは、注文発注時に値段を指定するかどうかの違いです。また、買付余力の拘束金額にも違いがございます。詳しくは下記をご覧ください。

■成行注文
 値段を指定しない注文。いくらでもよいから買いたい(売りたい)といった注文方法。
■指値注文
 買い、または売りの値段を指定する注文。買いの場合は上限値(●円までだったら買いたい)を、売りの場合は下限値(●円までだったら売りたい)を指定する注文方法。


■注文時の余力拘束方法(現物取引の場合)
<成行注文>
「買付余力の拘束金額=制限値幅の上限×注文株数+委託手数料(※)」で計算いたします。
例)A銘柄(制限値幅4,000〜6,000円)100株を成行買い注文で発注。
買付余力の拘束金額=6,000円×100株+525円=600,525円


※委託手数料は、お客さまの選択されている手数料プラン(スタンダードプラン、アクティブプラン)によって異なります。詳しくはこちら


 注意点
・株価が大幅に変動すると、思いもよらない価格で約定する場合がございます。
例)B銘柄(現在値5,000円)を成行買い注文で発注。
現在値や板状況(気配状況)を確認すると、「(1株あたり)5,000円ほどで買うことができる」と思い、注文を発注したが、発注と同タイミングでB銘柄の株価が急騰し、「(1株あたり)5,100円で約定」となってしまう場合もございます。


・注文を発注する際、相手方の注文数(買い注文の場合は対当する売りを指します)が少なかった場合、複数の値段で約定する場合がございます。
例)C銘柄(板状況(気配状況):売りの先頭から「6,000円/500株、6,010円/300株、6,020円/500株がある状態」)を1,000株、成行買い注文で発注。
買い注文数1,000株に対して、売り注文数の先頭が500株と少ないので、次の値段も参照し約定します。したがって当該注文は「6,000円で500株、6,010円で300株、6,020円で200株」約定する場合がございます。

・SOR対象銘柄について、SOR判定(※)により私設取引PTSへ発注される場合は、公設市場(当社優先市場)の最良気配での「指値」注文として発注されます。


※SOR判定についての詳細はこちら


<指値注文>
「買付余力の拘束金額=指値×注文株数+委託手数料(※)」で計算いたします。
例)A銘柄100株を3,000円で指値買い注文を発注。
買付余力の拘束=3,000円×100株+293円=300,293円


※委託手数料は、お客さまの選択されている手数料プラン(スタンダードプラン、アクティブプラン)によって異なります。詳しくはこちら


 注意点
・注文値段と現在値が同じ値の場合でも、時間優先の原則により、直ぐに約定しない場合がございます。
例)B銘柄(現在値1,000円)100株を990円で指値買い注文を発注。
発注後、現在値が1,000円→990円に変動。お客さまが当該注文を発注した際、先に他のお客さまが同じ注文(990円の指値買い注文)を発注していた場合、先に注文を発注されたお客さまより約定していきます。

参考になりましたか?
Powered by i-ask
ページトップへ