よくあるご質問 Q&A > 商品・お取引 > 国内株式 > 現物取引 > 取引 > 執行条件付注文とは何ですか?
?

執行条件付注文とは何ですか?

A
執行条件付注文とは、成行、指値、逆指値注文に「ある条件を満たしたら、当該注文を執行する」という条件を付ける注文方法です。
執行条件は以下のとおり、6種類あり、それぞれの執行条件には注意点がございます。

執行条件説明
寄付成行
(寄成)

寄付にのみ成行注文が執行される

寄付指値
(寄指)

寄付にのみ指値注文が執行される

引成行
(引成)

引けにのみ成行注文が執行される

引指値
(引指)

引けにのみ指値注文が執行される

指値できず引成行
(不成)

ザラ場中は指値注文を選択し発注し、ザラ場で約定しなかった場合、引けの時点で成行注文に変更して執行する。

IOC
(指値・成行)

注文執行時の値段(指値・成行)で、即時に一部、または全数量約定させたい際に発注する。


■注意点
(下記の注文時間とは、東証の取引時間を示しております。)
@寄付成行(寄成)、および寄付指値(寄指)
 時間ごとの注文の執行タイミングは下記のとおりです。

※1 前場の寄付値が決定しなかった場合、当該注文は失効(取消)されず、後場に引き継がれます。
※2 後場の寄付値が決定しないまま大引け時にストップ高・安等で値段が決定したストップ配分銘柄の場合、当該注文は約定しない場合がございます。約定しなかった注文はストップ配分終了後、拘束させていただいている買付余力を解放いたします。

A引成行(引成)、および引指値(引指)
 時間ごとの注文の執行タイミングは下記のとおりです。

※3 前場引け前に発注された引成注文は、前場の引けにのみ有効となり、後場に引き継がれません。
※4 引け値が成立せずにザラ場引けで取引が終了した場合、取引終了後に拘束させていただいている買付余力を開放いたします。また、後場の寄付値が決定しないまま大引け時にストップ高・安等で値段が決定したストップ配分銘柄の場合、当該注文は約定しない場合がございます。約定しなかった注文はストップ配分終了後、拘束させていただいている買付余力を解放いたします。

B指値できず引成行(不成)
 時間ごとの注文の執行タイミングは下記のとおりです。

※5 前場引け前にで発注された不成注文は、前場の引けにのみ有効となり、後場に引き継がれません。
※5、6 指値での注文が約定しなかった場合、引けに成行で注文が発注されますが、引け値が成立せずにザラバ引けで取引が終了した場合、取引終了後に拘束させていただいている買付余力を開放いたします。
※6 後場向けに発注された不成注文が、後場の寄付値が決定しないまま大引け時にストップ高・安等で値段が決定したストップ配分銘柄の場合、当該注文は約定しない場合がございます。約定しなかった注文はストップ配分終了後、拘束させていただいている買付余力を解放いたします。

CIOC(指値・成行)
 時間ごとの注文の執行タイミングは下記のとおりです。

※7 一部約定の場合、約定しなかった残注文が失効されます。
注)注文を発注後、即座に約定しない注文は失効することから、変更注文や取消注文はできません。

参考になりましたか?
Powered by i-ask
ページトップへ