よくあるご質問 Q&A > 商品・お取引 > 外国株式 > 取引 > 米国株式で成行注文を発注する際、買付余力はいくら必要ですか?
?

米国株式で成行注文を発注する際、買付余力はいくら必要ですか?

A

成行注文のため、指値注文と異なり、買付余力は以下のように計算します。
また、価格を指定しない注文のため、ご注意事項がございます。


■買付余力の拘束方法
注文発注時の買付余力の拘束額は以下の計算式にて行います。
上乗せレートは、株価によって異なります。

基準価格:100ドル未満:110%
基準価格:100ドル以上:103%

@【特定/一般預りでの注文】
特定/一般預りの注文による買付余力の拘束は以下のとおり行います。

<寄付前の注文時>
【外貨決済の場合】前営業日の終値(米ドル)×上乗せレート(%)×株数+手数料(米ドル)
【円貨決済の場合】{前営業日の終値(米ドル)×上乗せレート(%)×株数+手数料(米ドル)}×注文時概算為替レート×105%

<寄付後/ザラ場中>
【外貨決済の場合】注文時点の直近価格(米ドル)×上乗せレート(%)×株数+手数料(米ドル)
【円貨決済の場合】{注文時点の直近価格(米ドル)×上乗せレート(%)×株数+手数料(米ドル)}×注文時概算為替レート×105%

A【NISA預りでの注文】
 NISA預りの注文による買付余力の拘束は以下のとおり行います。

<寄付前の注文時(NISA預りでの注文)>
【外貨決済の場合】{前営業日の終値(米ドル)×上乗せレート(%)×株数+手数料(米ドル)}×注文時為替レート×105%
【円貨決済の場合】{前営業日の終値(米ドル)×上乗せレート(%)×株数+手数料(米ドル)}×注文時概算為替レート×105%

<寄付後/ザラ場中(NISA預りでの注文)>
【外貨決済の場合】{注文時点の直近価格(米ドル)×上乗せレート(%)×株数+手数料(米ドル)}×注文時為替レート×105%
【円貨決済の場合】{注文時点の直近価格(米ドル)×上乗せレート(%)×株数+手数料(米ドル)}×注文時概算為替レート×105%

■ご参考
 NISA預りの注文によるNISA枠の拘束は以下のとおり行います。 

<寄付前の注文時(NISA預りでの注文)>
【外貨決済の場合】前営業日の終値(米ドル)×上乗せレート(%)×株数×注文時為替レート×105%
【円貨決済の場合】前営業日の終値(米ドル)×上乗せレート(%)×株数×注文時概算為替レート×105%

<寄付後/ザラ場中(NISA預りでの注文)>
【外貨決済の場合】注文時点の直近価格(米ドル)×上乗せレート(%)×株数×注文時為替レート×105%
【円貨決済の場合】注文時点の直近価格(米ドル)×上乗せレート(%)×株数×注文時概算為替レート×105%

※NISA預りでのご注文は、お客さまのNISA投資可能枠を上限に、上記買付余力の拘束にて買付可能株数を算出してご注文いただきます。国内約定日にて受渡精算金額がNISA投資可能枠を超過した場合には、NISA預りではなく、特定口座または一般口座へ預り区分が変更となりますのでご注意ください。NISA預りでの約定を希望される場合には、成行注文ではなく、NISA投資可能枠の上限に達しないよう、投資枠に余裕をもった指値注文にて発注いただくことをお勧めいたします(NISA預りでの約定を保証するものではありません)。

 ■成行注文のご注意事項
米国市場寄付前の買付注文時には前営業日の終値に対して、取引時間中の買付注文時には直近価格に対して、当社で定めた一定のレートを上乗せし買付余力を拘束いたします。
なお、約定時点で買付余力の拘束額を超えて約定し、かつ米ドルの現金残高がなかった場合、外貨不足金が発生いたします。
当社では、外貨不足金が発生いたしますと、発生時以降、不足金発生銘柄に関して「売却停止」の措置を取らせていただきます。
売却停止が発生した場合には、お客さまのメッセージボックス(重要なお知らせ)へ「対象銘柄」「不足金額」「不足金解消方法」等をご連絡させていただきます。
売却停止の解除は、不足金解消後、必ず各お取引コースのお問い合わせ先へご連絡いただく必要がございますので、あらかじめご留意くださいますようお願いいたします(不足金解消時に自動で売却停止が解除とはなりません)。

参考になりましたか?
Powered by i-ask
ページトップへ