よくあるご質問 Q&A > 商品・お取引 > 国内株式 > PTS(SBI PTS) > 顧客指値対当方式とは何ですか?
?

顧客指値対当方式とは何ですか?

A
顧客指値対当方式とは、お客様の提示した指値が、取引の相手方となる他のお客様の提示した指値と一致する場合に、その指値を用いて売買を成立させる方法です。なお、お客様のご注文は、価格優先および時間優先の原則にしたがい取り扱われます。
上記原則に基づき、すでに受注している売り注文(または買い注文)の指値と、新たに受注した買い注文(または売り注文)の指値とが合致した際に売買が成立します。また、すでに受注している売り注文(または買い注文)の指値より、新たに受注した買い注文(または売り注文)の指値の方が高い(または低い)場合には、すでに受注している売り注文(または買い注文)の指値で売買が成立します。

【約定の例】
売り株数値段買い株数
4,000302 
15,0003015,000
 3003,000
 2998,000
 29812,000

301円15,000株が最も安い売り注文、300円3,000株が最も高い買い注文の時に新たに301円の買い注文5,000株を受注した場合、301円の売り注文と値段が合致するので、301円で5,000株の売買が成立します。
売り株数値段買い株数
4,000302 
10,000301 
 3003,000
 2998,000
15,00029812,000

次に、新たに298円15,000株の売り注文を受注した場合、すでに受注している買い注文の高い方から対当し、結果として300円3,000株、299円8,000株、および298円4,000株の約定が成立します。
参考になりましたか?
Powered by i-ask
ページトップへ