よくあるご質問 Q&A > 商品・お取引 > 投資信託 > 取引 > 個別元本方式のポイントは?
?

個別元本方式のポイントは?

A

個別元本の把握方法2000年4月1日以降、販売会社においてお客さまごとの個別元本を把握し、その元本をもとに所得の計算をします。
(異なる価額で何回かに分けてお買付になった場合は、個別元本は移動平均法で計算されます)
投資信託の個別元本単価のご確認は、「投資信託 取引報告書」や「投資信託収益金・償還金のお知らせ」にてご確認ください。
移行前の保有分の取扱い2000年3月末までに保有されている分については、3月31日(金)の「一口当たりの平均信託金(課税上のみなし元本)」が個別元本とみなされます。
追加設定(買付)基準価額(設定時に留保金を徴収する追加型株式投信については、基準価額+留保金の額)
課税の取扱い期中収益分配時お客さまごとの個別元本に基づき普通分配金(課税)と元本払戻金(特別分配金(非課税))が計算されます。
※元本払戻金(特別分配金(非課税))は元本の払い戻しに相当しますので、分配後に個別元本が修正(減額)されます。
解約(償還)時解約(償還)時の価額がお客さまの取得価額を上回っている場合、その差益に対して課税されます。
所得税等の取扱い普通分配金、および解約・償還差益に対する申告分離課税となります。

※NISA預りと、特定・一般預りで同一銘柄を保有されている場合、個別元本は合算して計算されます。

解決しましたか?
Powered by i-ask
ページトップへ