よくあるご質問 Q&A > 商品・お取引 > FX > 基本事項 > 外国為替保証金取引(FX)とはどのような取引ですか?
?

外国為替保証金取引(FX)とはどのような取引ですか?

A
まず「外国為替取引」は、ドルと円、円とユーロなど異なる通貨を交換(売買)することです。例えば、外国通貨(米ドルなど)を買い、自国通貨(日本円など)を売るといった取引のことです。

一方、「保証金取引」は、一定額の保証金を担保として差し入れることで、取引会社より信用を供与され、保証金の数倍の金額に相当する取引ができるようになります。

つまり、「外国為替保証金取引」とは、一定額の保証金を担保に、保証金額の数倍の金額に相当する外国為替取引のことです。


【外国為替保証金取引(FX)の特徴】
・ 24時間リアルタイムで外国為替の取引ができる
・ 少額資金から始められ、大きなリターンも狙える
・ 海外の高金利を享受するスワップポイントなど、多様な収益機会がある


「SBI FX α」では個人のお客さまについては、任意でコース変更ができます(当初レバレッジコースは、「ハイレバレッジ25コース」で設定されています)。法人のお客さまに関しましては、1つのコースでのお取引となるため、コース変更はできません。
なお、コース変更の反映は原則として翌営業日となっております(申込件数及び審査状況によっては、コース変更の反映にお時間をいただく可能性があります)。

・個人のお客さま
<ローレバレッジ1倍コース>・・・約1倍までのお取引が可能です。
<ローレバレッジ3倍コース>・・・約1倍〜約3倍までのお取引が可能です。
<ローレバレッジ5倍コース>・・・約1倍〜約5倍までのお取引が可能です。
<スタンダードコース>・・・約1倍〜約10倍までのお取引が可能です。
 <ハイレバレッジ25コース>・・・約1倍〜25倍までのお取引が可能です。

・法人のお客さま
毎週金曜日(予定)に、金融先物取引業協会より、過去のボラティリティに応じて算出された保証金率が公表され、翌々週の月曜日から公表値が適用されます。

※ 個人のお客さまでのハイレバレッジ25コースの取引可能な通貨ペアは当社が指定する主要通貨ペアに限定されます。
※法人のお客さまの保証金率は、急激な為替相場変動などにより、変更となる場合がございます。
※2017.2.27(月)より、法人FX取引に係る保証金規制が開始されました。これにに伴い、これまで選択可能だったレバレッジコースが1つとなりました。
解決しましたか?
Powered by i-ask
ページトップへ