よくあるご質問 Q&A > 知りたい > 先物オプション取引 > 基本事項 > 先物・オプション取引で取引可能な商品は?
?

先物・オプション取引で取引可能な商品は?

A
当社の先物オプション取引口座では、以下の商品がお取引可能です。

指数先物
 日経225先物
(買建・売建)

全13限月
(3、9月の直近3限月と6、12月の直近10限月)
※HYPER先物コース選択時は、直近2限月のみ取引が可能

※大阪取引所の制度変更により2018年7月17日から、日経225先物取引に係る限月取引の拡充がされましたが、当社では拡充分の取扱いを行いません。また、マーケットデータの提供も行っていません。

 ミニ日経225先物
(買建・売建)

全16限月
(3、9月の直近3限月と6、12月の直近10限月、およびマンスリー限月(3、6、9、12月以外の限月)のうち直近3限月)
※HYPER先物コース選択時は、3、6、9、12月限の直近2限月とそれ以外の限月の直近1限月のみ取引が可能

 日経平均VI先物
(買建・売建)

全8限月
(直近の連続する8ヵ月)
※通常コースのみ取引可能

 TOPIX先物
(買建・売建)

全5限月
(3、6、9、12月のうち直近5限月)
※HYPER先物コース選択時は、直近2限月のみ取引が可能

 ミニTOPIX先物
(買建・売建)

全3限月
(3、6、9、12月のうち直近3限月)
※HYPER先物コース選択時は、直近2限月のみ取引が可能

 TOPIX Core30先物
(買建・売建)

全3限月
(3、6、9、12月のうち直近3限月)
※通常コースのみ取引可能

 JPX日経400先物
(買建・売建)

全5限月
(3、6、9、12月のうち直近5限月)
※通常コースのみ取引可能

 東証マザーズ指数先物
(買建・売建)

全5限月
(3、6、9、12月のうち直近5限月)
※HYPER先物コース選択時は、直近2限月のみ取引が可能

 東証REIT指数先物
(買建・売建)

全3限月
(3、6、9、12月のうち直近3限月)
※通常コースのみ取引可能

 NYダウ先物
(買建・売建)

全4限月
(3、6、9、12月のうち直近4限月)
※通常コースのみ取引可能

 FTSE中国50先物
(買建・売建)

全4限月
(直近2ヵ月とそれ以外の3、6、9、12月のうち直近2限月)
※通常コースのみ取引可能

 台湾加権指数先物
(買建・売建) 

全5限月
(直近2ヵ月とそれ以外の3、6、9、12月のうち直近3限月)
※通常コースのみ取引可能




指数オプション
 日経225オプション
(買建・売建/全権利行使価格)

全23限月

■通常限月(全19限月)
・3、9月の直近3限月
・6、12月の直近10限月
・マンスリー限月(3、6、9、12月以外の限月)のうち直近6限月

※大阪取引所の制度変更により2018年7月17日から、日経225オプション取引に係る限月取引の拡充がされましたが、当社では拡充分の取扱いを行いません。また、マーケットデータの提供も行っていません。
 
■週次設定限月(weeklyオプション)(全4限月)
・通常限月が設定されている週を除く全4限月(週次)
※通常コースのみ取引可能

 TOPIXオプション
(買建・売建/全権利行使価格)

 全19限月

・3、9月の直近3限月
・6、12月の直近10限月
・マンスリー限月(3、6、9、12月以外の限月)のうち直近6限月
※通常コースのみ取引可能

 JPX日経400オプション
(買建・売建/全権利行使価格)

全19限月

・3、9月の直近3限月
・6、12月の直近10限月
・マンスリー限月(3、6、9、12月以外の限月)のうち直近6限月
※通常コースのみ取引可能


※ 先物・オプション取引サイトからは取扱商品すべてのお取引が可能です。
※ HYPER SBI、HYPER先物・オプションアプリ(iPhone・Androidアプリケーション)では、日経225先物、ミニ日経225先物、日経225オプション、TOPIX先物、ミニTOPIX先物、日経平均VI先物、JPX日経400先物、JPX日経400オプション、東証マザーズ指数先物、NYダウ先物、FTSE中国50先物、台湾加権指数先物のみのお取扱いとなります。
※ MOBILE SBIでは、日経225先物、ミニ日経225先物、日経225オプション、日経平均VI先物、JPX日経400先物、NYダウ先物のみのお取扱いとなります。
解決しましたか?
Powered by i-ask
ページトップへ