よくあるご質問 Q&A > 商品・お取引 > 先物オプション取引 > 追加証拠金(追証)・損金等 > 先物・オプション取引口座で追加証拠金(追証)による強制反対売買のタイミングは?
?

先物・オプション取引口座で追加証拠金(追証)による強制反対売買のタイミングは?

A

発生日の翌営業日15時30分前までに当社にて委託証拠金の差し入れの確認ができなかった場合、期限の翌営業日に評価益等により不足額が回復しても期限の翌営業日に全ての建玉を決済いたします。


※HYPER先物コース選択中に日中立会終了時に建玉を保有することとなり、通常コースと同様の維持証拠金にて、証拠金判定が行われ、追証が発生した場合であっても、HYPER先物コースのお取引ルールが適用されますので、クロージングセッションにて建玉が決済されなかった場合には、次セッションの寄付きにて最大指値にて決済注文が発注されることとなります。

解決しましたか?
Powered by i-ask
ページトップへ