よくあるご質問 Q&A > 知りたい > カバードワラント取引 > 取引(ルール・方法) > ニアピンeワラントの満期償還金の計算方法を教えてください。
?

ニアピンeワラントの満期償還金の計算方法を教えてください。

A
ニアピンeワラントの最大受取可能額は、1ワラント当たり100円に設定されており、コール型およびプット型ワラントとは異なります。

【日経平均の場合】
予想価格に近いピン価格のニアピンeワラントを購入し、1〜2ヶ月後の所定日の原資産価格がピン価格に近ければ近いほど受取金額が多くなります。
具体的には、1〜2ヵ月後の所定日に原資産価格とピン価格が一致すれば、1ワラントあたり100円(最小投資単位の1,000ワラントで10万円)を受取ることができ、一致しなくても日経平均ニアピンeワラントの場合はピン価格を中心に原資産価格が±250円までなら部分的に受取金額が発生します。ピン価格を中心に原資産価格が±250円以上乖離する場合、受取金額は発生しません。
ただし、この場合、その損失は当該本ワラントの買付代金に限定されております。
なお、ニアピンeワラント投資によって利益を得るには、買付価格を上回る価格で売却するか、買付価格を上回る金額を満期日に受取る必要があります。
満期日に日経平均の始値が17,000円前後になると予測し、ピン価格17,000円のニアピンeワラントを15円で1,000ワラント購入した場合(買付代金計 15,000円)、満期日において以下のケースとなった場合の受取金について、説明いたします。

■ケースA:満期日の日経平均の始値が17,100円(ピン価格から100円離れている)
100円−(乖離価格100円×0.4(1ワラント当たり原資産数))=60円
60円×1,000ワラント=60,000円受け取りとなります。
損益については、60,000円(受取金額)−15,000円(購入金額)=45,000円(利益)

■ケースB:満期日の日経平均の始値が17,000円(ピン価格と一致)
100円−(乖離価格0円×0.4(1ワラント当たり原資産数))=100円
100円×1,000ワラント=100,000円となります。
損益については、100,000円(受取金額)−15,000円(購入金額)=85,000円(利益)

■ケースC:満期日の日経平均の始値が16,850円(ピン価格から150円離れている)
100円−(乖離価格150円×0.4(1ワラント当たり原資産数))=40円
40円×1,000ワラント=40,000円受け取りとなります。
損益については、40,000円(受取金額)−15,000円(購入金額)=25,000円(利益)

■ケースD:満期日の日経平均の始値が16,000円(ピン価格から250円以上離れている)
受取金額は、ありません。投資金額(15,000円)全額が損失となります。

【米ドルリンク債の場合】
予想価格に近いピン価格のニアピンeワラントを購入し、1〜2ヶ月後の所定日の原資産価格がピン価格に近ければ近いほど受取金額が多くなります。
具体的には、1〜2ヵ月後の所定日に原資産価格とピン価格が一致すれば、1ワラントあたり100円(最小投資単位の1,000ワラントで10万円)受取ることができ、一致しなくても米ドルニアピンeワラントの場合はピン価格を中心に原資産価格が±2円までなら部分的に受取金額が発生します。ピン価格を中心に原資産価格が±2円以上乖離する場合、受取金額は発生しません。
ただし、この場合、その損失は当該本ワラントの買付代金に限定されております。
満期日に米ドルリンク債が115円前後になることを予測し、ピン価格115円のニアピンeワラントを15円で1,000ワラント購入した場合(買付代金計15,000円)、満期日において以下のケースとなった場合の受取金について、説明いたします。

■ケースA:満期日の米ドルリンク債が 115.50 円(ピン価格から 50 銭離れている)
100円−(乖離価格50銭×50(1ワラント当たり原資産数))=75円
75円×1,000ワラント=75,000円受け取りとなります。
損益については、75,000円(受取金額)−15,000円(購入金額)=60,000円(利益)

■ケースB:満期日の米ドルリンク債が 115.00 円(ピン価格と一致)
100円−(乖離価格0円×50(1ワラント当たり原資産数))=100円
100円×1,000ワラント=100,000円受け取りとなります。
損益については、100,000円(受取金額)−15,000円(購入金額)=85,000円(利益)

■ケースC:満期日の米ドルリンク債が114.25円(ピン価格から75銭離れている)
100円−(乖離価格75銭×50(1ワラント当たり原資産数))=62.5円
62.5円×1,000ワラント=62,500円受け取りとなります。
損益については、62,500円(受取金額)−15,000円(購入金額)=47,500円(利益)

■ケースD:満期日の米ドルリンク債が 112 円(ピン価格から 2 円以上離れている)
受取金額は、ありません。投資金額(15,000円)全額が損失となります。

参考になりましたか?
Powered by i-ask
ページトップへ