よくあるご質問 Q&A > 知りたい > カバードワラント取引 > 税金 > カバードワラントを満期前(途中)に売却した場合と満期まで保有した場合の税金(課税方法)はどうなるのですか?
?

カバードワラントを満期前(途中)に売却した場合と満期まで保有した場合の税金(課税方法)はどうなるのですか?

A

カバードワラントを満期前(途中)に売却した場合と、満期まで保有した場合の利益は、「先物取引に係る雑所得等」としての申告分離課税税率20%(所得税15%、住民税5%)が適用され、原則、確定申告が必要となります。

取引による損益(満期前の売買損益や満期時の権利行使・権利放棄による損益)は、他の「先物取引に係る雑所得等」()の損益との通算が可能です。
また損益を通算してもなお引ききれない損失は、一定の要件の下に、翌年以降3年間繰り越すことができます。

()当社の取扱商品においては、「先物・オプション取引」「上場カバードワラント取引」「外国為替保証金取引(SBI FX α)」「CFD取引」「店頭カバードワラント取引(eワラント)」等が該当いたします。
ただし、給与所得者で一定の条件を満たし、給与所得・退職所得以外の所得合計が20万円以下の場合は、確定申告が不要となることがありますので、お近くの税務署へご相談ください。
法人は、ケースにより異なりますので、税理士等の専門家へお問い合わせください。

   平成25年1月1日から平成49年12月31日までの25年間は、復興特別所得税として、所得税率により計算した所得税額に2.1%を乗じて計算した金額を、あわせて納付する必要があります。

   税制が改正された場合等は、上記の内容が変更になることがあります。

     税務上のご相談・助言や見解等は、税理士等の専門家や所轄の税務署にご確認ください。また、最終的な判断および決定は、お客様ご自身の責任でお願いいたします。

 

参考になりましたか?
Powered by i-ask
ページトップへ