よくあるご質問 Q&A > 商品・お取引 > 不公正取引 > 空売り規制 > 信用新規売り注文を発注後、取引時間中にも関わらず失効となった理由を教えてください。
?

信用新規売り注文を発注後、取引時間中にも関わらず失効となった理由を教えてください。

A

「空売り価格規制」に抵触した可能性があります。信用取引の新規売り注文は、「金融商品取引法施行令」、および「有価証券の取引等の規制に関する内閣府令」などにより、「空売り価格規制」が設けられています。そのため、51単元(※)以上(適格機関投資家は1単元以上)の信用取引新規売り注文が下記「空売り価格規制」に抵触した場合は、取引時間内でも金融商品取引所で注文が受け付けられず、失効されます。
※ 単元=最低売買単位

「空売り価格規制」
取引所では、「トリガー(引き金)」という言葉を用いて銘柄の管理を行い、信用空売りの価格規制に該当するか否かの確認を行います。


・トリガー抵触ありの銘柄 ・・・ 当日基準値段から10%以上値段が下落した銘柄
・トリガー抵触なしの銘柄 ・・・ 上記以外の銘柄


【トリガー抵触ありの銘柄】
当日基準値から10%以上値段が下落した銘柄については、【トリガー抵触ありの銘柄】として管理され、以後は直近公表価格を基準に以下のように運用されます。

主市場でトリガー抵触となった場合、即日「空売り価格規制」対象銘柄となり、翌営業日の取引終了時点まで「空売り価格規制」が適用されます。

(1)株価の上昇局面(直近値がその直前の異なる価格を上回っている場合)において、直近値未満での売付け

(2)株価の下落局面(直近値がその直前の異なる価格を下回っている場合)において、直近値以下での売付け



(3)当日始値決定前において、基準値段※以下での売付け



(※ 基準値段は通常、その日の終値が翌日の基準値段となりますが、取引終了時に特別気配値段が表示されていた場合は、その気配値段が翌日の基準値段となります。)

※個人投資家等(適格機関投資家を除く)が行う1回当り50単元以内の信用新規売注文については、本規制の適用対象外です。
※「空売り価格規制」を回避する目的のために個人投資家等(適格機関投資家を除く)が行う50単元以内の信用新規売注文を分割して連続して発注することは認められず、こうした発注については価格規制を回避するための不公正取引とみなされることがありますのでご注意ください。


【トリガー抵触なしの銘柄】
トリガーに抵触していない場合でも、当日基準値段から10%以上の下値で発注した場合、空売り価格規制が適用されて、取引所において失効となります。

■ご注意事項
・大引け後のご注文受付につきましては、翌営業日の朝8時以降、金融商品取引所に取り次がれた時点で「空売り価格規制」についての確認を行います。
・「期間指定注文」は、毎営業日の朝8 時以降、金融商品取引所に注文が取り次がれた時点で「空売り価格規制」についての確認を行います。
・原則、前場終了後に受け付けたご注文は、12時5分以降に金融商品取引所に注文が取り次がれた時点で「空売り価格規制」についての確認を行います。
・「逆指値注文」は、お客様のご注文時ではなく、お客様が指定した価格に到達し、金融商品取引所に取り次がれた時点で「空売り価格規制」についての確認を行います。

※「空売り価格規制」の詳細につきましては、下記の「参考」をご確認ください。



解決しましたか?
Powered by i-ask
ページトップへ