よくあるご質問 Q&A > 知りたい > FX > 取引 > 必要保証金はどのように計算するのですか?
?

必要保証金はどのように計算するのですか?

A

各通貨ペアの必要保証金は、取引金額(取引数量に営業日毎のロールレートを乗じた額)にレバレッジコース毎※の保証金率を乗じた金額になります。
(レバレッジコース毎の1取引あたりの保証金率を表記しております)。
※法人のお客さまは、2017.2.27より保証金規制が開始されたことから、1つのレバレッジコースでお取引いただきます。
※同一通貨ペアで売りおよび買いの両方の建玉を持つ両建取引がある場合、同一通貨ペア1単位あたりの必要保証金に売数量または買数量の大きい方の数量を乗じた必要保証金が必要になります。
 
保証金率(個人のお客さま)
■ ローレバレッジ1倍コース:100%
■ ローレバレッジ3倍コース:33%
■ ローレバレッジ5倍コース:20%
■ スタンダードコース:10%
■ ハイレバレッジ25コース:4%

法人のお客さまは、毎週金曜日(予定)に、金融先物取引業協会より、過去のボラティリティに応じて算出された保証金率が公表され、翌々週の月曜日から公表値が適用されます。

 

      計算例 「米ドル/日本円」を1万米ドル新規買いする場合 
・ロールオーバー後の為替レート:1米ドル=100.000円

(ローレバレッジ1倍コース)
必要保証金額=100.000円×1万米ドル×100%=1,000,000円
1万米ドル購入する場合には、最低1,000,000円以上の預託が必要となります。
(ローレバレッジ3倍コース)
必要保証金額=100.000円×1万米ドル×33%=330,000円
1万米ドル購入する場合には、最低330,000円以上の預託が必要となります。
(ローレバレッジ5倍コース)
必要保証金額=100.000円×1万米ドル×20%=200,000円
1万米ドル購入する場合には、最低200,000円以上の預託が必要となります。
(スタンダードコース)
必要保証金額=100.000円×1万米ドル×10%=100,000円
1万米ドル購入する場合には、最低100,000円以上の預託が必要となります。
(ハイレバレッジ25コース)
必要保証金額=100.000円×1万米ドル×4%=40,000円
1万米ドル購入する場合には、最低40,000円以上の預託が必要となります。
解決しましたか?
Powered by i-ask
ページトップへ