よくあるご質問 Q&A > 商品・お取引 > 国内株式 > 現物取引 > SOR注文 > 成行注文が指値注文に変わっているのは、なぜですか?
?

成行注文が指値注文に変わっているのは、なぜですか?

A
PTS取引では「成行」注文を受付できません。
そのため、SOR注文の「成行」が、SOR判定によりPTS(J-MarketまたはX-Market)へ執行された場合、証券取引所(当社優先市場)の最良気配での「指値」に変更されます。「注文照会/取消・訂正」画面の「執行条件」欄につきましても、「成行」ではなく、当社優先市場最良気配の「指値」が表示されます。

次のような場合、SOR注文であっても、証券取引所(当社優先市場)へ発注されます。
・SOR判定時に、証券取引所(当社優先市場)の当該銘柄に現在値がない場合
・SOR判定時に、証券取引所(当社優先市場)の当該銘柄が取引停止、特別気配、即金規制銘柄である場合
・ご注文の時間が8:58:00〜11:29:59、12:28:00〜14:59:59(前場寄付値段、後場寄付値段決定までは除く)以外の場合
・証券取引所(当社優先市場)とPTS(J-MarketおよびX-Market)の売買単位が異なる銘柄のご注文が10株の整数倍以外の場合
(※PTSでは、証券取引所の売買単位が1株単位で基準価格が6,000円未満の銘柄の場合には、売買単位を10株単位としております。)
解決しましたか?
Powered by i-ask
ページトップへ