よくあるご質問 Q&A > 知りたい > 国内株式 > 現物取引 > 取引 > 期間指定の逆指値注文の余力拘束はどのように行いますか?
?

期間指定の逆指値注文の余力拘束はどのように行いますか?

A

現物買・信用新規買・信用返済注文について、執行条件が指値の場合は、指値による余力拘束を行います。

現物買・信用新規・信用返済注文について、執行条件が成行(引成・不成含む)の場合は、毎営業日制限値幅上限(もしくは下限)による余力拘束を行います。

信用新規売注文について、執行条件が指値・成行の場合とも、毎営業日制限値幅上限による余力拘束を行います。

例)基準値段が4,000円の時に、4,200円になったら成行にて現物買注文を期間指定で発注とした場合
当日:4,000円のストップ高は4,700円のため4,700円での余力拘束

翌営業日:基準価格が3,900円になった場合:3,900円のストップ高は4,600円のため4,600円に余力再拘束が行われる

※基準価格の値動きによって値洗い時に余力不足となり注文が失効する場合があります。

例)基準値段が4,000円の時に、3,800円になったら成行にて信用返済売注文を期間指定で発注とした場合
当日:4,000円のストップ安は3,300円のため3,300円での拘束

翌営業日:基準価格が4,100円になった場合:4,100円のストップ安は3,400円のため3,400円での再拘束が行われる

解決しましたか?
Powered by i-ask
ページトップへ