よくあるご質問 Q&A > 商品・お取引 > FX > 基本事項 > SBI証券が破綻したらFX口座の預託保証金・建玉はどうなるのですか?
?

SBI証券が破綻したらFX口座の預託保証金・建玉はどうなるのですか?

A

金融商品取引法に基づき、お客様からお預りした保証金はすべて当社自己資産と区分して管理し、その資産について、みずほ信託銀行・FXクリアリング信託に信託を行っています。万が一、当社が破綻した場合でも、お客様から預託いただいた外国為替保証金取引(FX)にかかる取引保証金等は、お客様に返還されます。
ただし、未決済建玉は分別管理の対象ではありません。


信託保全の対象となる保証金額
お客様の預託保証金に対して、売買損益等を加減算した以下の金額を信託します。
取引保証金+実現損益+評価損益+スワップ損益

 

 

・信託保全に関する注意事項
信託保全は当社が取り扱う外国為替保証金取引(SBI FX α)における取引の元本を保証するものではありません。
区分管理すべき金銭の額の計算および必要な金銭の信託は当社が行います。受託者であるみずほ信託銀行は当該計算を行いません。
みずほ信託銀行・FXクリアリング信託は信託された金銭の管理を行いますが、当該金銭を受益者であるお客様に返還をする義務を負いません。当社の破綻時等における保証金の返還は受益者代理人(乙)を通じて行われ、お客様はみずほ信託銀行・FXクリアリング信託に直接返還を請求できません。また、保証金の返還までには一定の期間を要する場合があります。お客様が当社へ保証金を預け入れられてから実際に信託されるまでには一定の日数が掛かり、その期間は信託保全の対象外となる可能性があります。
当社の過誤、システム障害、急激な相場変動などにより、当社から適切に信託されなかった場合、保証金が保全されないことがあります。また、当社の破綻時に受益者代理人(乙)がお客様へ返還すべき保証金は、信託財産の範囲内に限定されます。したがって、必要な金銭が信託されていなかった場合には、保証金の全額が返還されない可能性があります。
当社の破綻時に保証金を返還することを目的として、お客様の個人情報を受益者代理人(乙)およびみずほ信託銀行に提供することがあります。

【「FX取引 株券担保サービス」をご利用の場合】

有価証券を外国為替保証金取引(FX)の代用有価証券として管理されている場合、金融商品取引法に基づき分別保管されておりますので、お客様から預託を受けた有価証券はお客様へ返還されます。なお、当社外国為替保証金取引(FX)は店頭デリバティブ取引に該当するため、投資者保護基金の補償はありません。

解決しましたか?
Powered by i-ask
ページトップへ