よくあるご質問 Q&A > 商品・お取引 > 貸株サービス > 貸株の権利・株主優待自動取得 > 優待優先にしていますが、優待を取得できませんでした。なぜですか?
?

優待優先にしていますが、優待を取得できませんでした。なぜですか?

A
株主優待自動取得の基本設定が「優待優先」であっても、当社WEBサイトにログイン後、「口座管理」>「貸株」>「貸株金利」画面にて「非対象」となっていない場合は、株式が自動返却されず、優待が取得できないことがあります。

●自動返却され、優待を取得できるケース


●自動返却されず、優待を取得できないケース


【優待情報があるにもかかわらず、自動返却されない(優待取得ができない)ケース】
@東洋経済新報社から提供を受けたデータには優待情報がない場合
 発行会社の希望・判断や東洋経済新報社の対応で、優待情報が掲載されない場合がございます。
また、当社では毎月15日までの発表分(15日が休日の場合は直近の平日)を基準としておりますので、16日以降に発表された優待情報は、当該月分の株主優待の「自動取得サービス」において考慮されませんので、ご注意ください。

A株主優待情報の権利確定月が「毎月」「随時」など具体的な月数の記載がない場

B株主優待の権利取得条件に、継続保有や長期保有特典などがあった場合
 株主優待の権利取得は、権利確定日における株式の保有だけでなく、保有期間、保有株数等の条件が付随する場合があります。
そのため、「株主優待自動取得設定サービス」は、必ずしも株主優待の付随条件には対応していない場合もあります。
 銘柄毎の優待条件(優待取得に必要な基準日)は考慮していないため、株主名簿への同一株主番号による記載の連続性が途切れることもあり、保有期間に応じた株主優待の対象とならない可能性もございますので、付随条件のある株式の株主優待取得ご希望の場合には、必ずお客さまご自身で各発行会社の株主優待内容をご確認のうえ、貸出しや返却のご指示をご自身で行なっていただきますようお願いいたします。なお、貸出し解除期間中は貸株金利が付与されません。



継続保有や長期保有特典による株主優待をご希望のお客さまに関しましては、上記注意事項を十分ご理解の上、貸株をご利用になるかどうかをご判断ください。
解決しましたか?
Powered by i-ask
ページトップへ