よくあるご質問 Q&A > 商品・お取引 > 外国株式 > 税金 > 中国株式の配当金は、外国税額控除の適用を受けられますか?
?

中国株式の配当金は、外国税額控除の適用を受けられますか?

A
中国株式のH株およびレッドチップの銘柄で外国税、国内で所得税・住民税が源泉徴収されている場合は、二重課税を調整するための外国税額控除を受けることができます。
確定申告していただくことで、一定額が所得税額、および住民税額から差し引くことができます。

当社では、H株およびレッドチップからの配当金につきまして 「外国株式等 配当金等のご案内(兼)支払通知書」に表記されます配当金単価を 現地(法人)税引き後の配当単価(HKドル建)で表示しております。

外国税が課税されている銘柄であっても「外国株式等 配当金等のご案内(兼)支払通知書」には、外国源泉徴収税額が計上されていないことから、外国税額控除の申請をご希望の場合は下記のご連絡先まで証明書発行の依頼のお電話をいただく必要がございます。


<ご連絡先>
カスタマーサービスセンター
0120-104-214 (年末年始を除く平日 8:00〜18:00)
※ 携帯電話・PHSからは、03-5562-7530をご利用ください。
※ ガイダンス3をご選択ください。
※ IFAコース、またはダイレクトコース等のお客さまは新しいウィンドウで開きます。こちらをご参照ください。

NISA口座で買付した中国株式の配当金は、外国税は課税されますが国内の所得税・住民税は非課税になります。
外国税のみ課税されることから二重課税に該当しないため、外国税額控除の適用を受けることができません。
外国税額控除の詳細については、お客さまの住所地を管轄する所轄税務署、または税理士等へお問い合せください。
参考になりましたか?
Powered by i-ask
ページトップへ