よくあるご質問 Q&A > 知りたい > FX > FXα建値維持方式に関するよくある質問 > 決済明細の損益金額が大きく変わったのですが、なぜですか?
?

決済明細の損益金額が大きく変わったのですが、なぜですか?

A
 <重要なお知らせ>
2017/7/22より、SBI FXαの決済明細は、当初建値を元にした損益表示となります。


2017/5/19以降、決済明細で確認できる損益は、決済する前の最後に値洗いを実施したロールレートから、お客さまの決済された日までに発生した損益を表示しておりましたが、
2017/7/22以降は、当初建値から、お客さまの決済された日までに発生した損益を表示いたします。

また、HYPER FXアプリにつきましてもPCサイト取引画面と同様の対応を2017年8月に予定しております。

詳細はこちら

建値維持方式への移行に伴い、決済明細の表示を以下のように変更しております。






変更後 変更前
約定日 最終ロールオーバー時の値洗い日時 新規建の約定日時
建単価 最終ロールオーバー時のロールレート 新規建時の約定単価
累計スワップ
実現スワップ
最終ロールオーバー以降のスワップ累計 スワップの累計金額
実現損益 最終ロールオーバーレートと決済単価を元に損益を計算 建単価と決済単価を元に損益を計算
合計損益 実現スワップと実現損益の合計 累計スワップと実現損益の合計
ロール詳細 最終ロールオーバーまでの実現損益金額 日々のロールオーバーを含めた実現損益金額

※最終ロールオーバー時とは原則は建値維持方式へ切り替えるための最後のロールオーバーとなり、値洗い日時である『2017/5/19 5:30』となりますが、切り替え前(2017/5/19 5:29:59まで)に決済した建玉については、決済直前のロールオーバーが最終ロールオーバーとなります。

※変更後は上記の仕様のため、変更前の決済明細では過去のロールも含めた損益が確認できましたが、変更後の決済明細では、最終ロールから決済単価で比較した合計損益のみとなるため、別途ロール詳細画面に表示している合計損益と合算することで過去のロールも含めた損益合計が確認できます。
参考になりましたか?
Powered by i-ask
ページトップへ