よくあるご質問 Q&A > 商品・お取引 > 外国株式 > 取引 > 米国株式で成行・逆指値(成行指定)注文を発注する際、NISA枠はどのように拘束しますか?
?

米国株式で成行・逆指値(成行指定)注文を発注する際、NISA枠はどのように拘束しますか?

A

NISA預りの注文によるNISA枠の拘束は以下のとおり行います。
なお、上乗せレートは株価によって異なります。

基準価格:100ドル未満:110%
基準価格:100ドル以上:103%

・成行注文
<寄付前の注文時(NISA預りでの注文)>
【外貨決済の場合】前営業日の終値(米ドル)×上乗せレート(%)×株数×注文時為替レート×105%
【円貨決済の場合】前営業日の終値(米ドル)×上乗せレート(%)×株数×注文時概算為替レート×105%

<寄付後/ザラ場中(NISA預りでの注文)>
【外貨決済の場合】注文時点の直近価格(米ドル)×上乗せレート(%)×株数×注文時為替レート×105%
【円貨決済の場合】注文時点の直近価格(米ドル)×上乗せレート(%)×株数×注文時概算為替レート×105%

・逆指値(成行指定)注文
<寄付前・寄付後の注文時(NISA預りでの注文)>
【外貨決済の場合】注文時点の判定価格(ドル)×上乗せレート×株数×注文時為替レート×105%
【円貨決済の場合】注文時点の判定価格(ドル)×上乗せレート×株数×注文時概算為替レート×105%

 判定価格は、参照価格と株価(直近価格または前日終値)を比較して高い価格を採用します
 参照価格とは「注文する銘柄の株価が予め指定した価格」を指します。


■ご注意事項
※新規上場銘柄は上場日に初値が確定するまで、成行注文・逆指値(成行指定)は受付できません。指値または、逆指値(指値指定)での注文が可能です。
※NISA預りでのご注文は、お客さまのNISA投資可能枠を上限に、上記買付余力の拘束にて買付可能株数を算出してご注文いただきます。国内約定日にて受渡精算金額がNISA投資可能枠を超過した場合には、NISA預りではなく、特定口座または一般口座へ預り区分が変更となりますのでご注意ください。NISA預りでの約定を希望される場合には、成行注文ではなく、NISA投資可能枠の上限に達しないよう、投資枠に余裕をもった指値注文にて発注いただくことをお勧めいたします(NISA預りでの約定を保証するものではありません)。
※株価や為替レートの上乗せは、株価や為替レートの変動を考慮した掛け目を設定しております。

解決しましたか?
Powered by i-ask
ページトップへ