?

「ポートフォリオ」「口座管理」「保有証券一覧」画面での信用取引の評価損益はどのように計算していますか?

A

下記のとおり、計算しています。

■通常の場合

現在値 現在値もしくは終値(評価単価)※
評価損益

買建玉の評価損益
(現在値もしくは終値(評価単価)※−建単価)×建株数−諸経費
=評価損益
:建単価500円、現在値600円、建株数100株、諸経費100円 
  (600円−500)×100株−100=9,900

  売建玉の評価損益
(建単価−現在値もしくは終値(評価単価)※)×建株数−諸経費
=評価損益
:建単価700円、現在値600円、建株数100株、諸経費100
  (700円−600)×100株−100=9,900

特別気配引けの場合、買建玉銘柄は最終付値と最終気配を比べて低い値、売建玉銘柄は最終付値と最終気配を比べて高い値を評価単価に採用します。


■配当落ちの場合

◇権利付き最終売買日翌日の午前5時頃の朝バッチ処理後(当社システム更新)〜始値(寄付)決定まで
当社では、権利落ち日の現在値を「基準値」として表示します。

現在値 基準値もしくは「--
前日終値−予想配当金=基準値
:600円−10円=590円 (予想配当10円)
評価損益

買建玉の評価損益
(基準値(評価単価)※−建単価)×建株数−諸経費
=評価損益
:建単価500円、現在値600(予想配当10)、建株数100株、諸経費100
  (590円−500)×100株−100=8,900

売建玉の評価損益
(建単価−基準値(評価単価)※)×建株数−諸経費
=評価損益
:建単価700円、現在値600(予想配当10)、建株数100株、諸経費100
  (700円−590)×100株−100=10,900

権利付き最終売買日翌日の午前5時頃の朝バッチ処理後(当社システム更新)〜始値(寄付)決定までの評価損益は、現在値との計算ではなく、配当落ち額を考慮した権利落ち日の基準値で計算します。そのため、「ポートフォリオ」「口座管理」画面などの評価損益が前営業日の引け後の数値と異なる場合があります。


■株式分割・併合等の場合

◇権利付き最終売買日の夕刻17時頃の値洗い処理後(当社システム更新)〜権利落ち日の始値(寄付)決定まで

現在値 基準値もしくは「--
:60010円)÷2295円 (予想配当10円、分割比率12
評価損益

買建玉の評価損益
(基準値(評価単価)※−建単価)×建株数−諸経費
=評価損益
: 分割比率12、建単価250円(分割前建単価500円)、基準値295円(終値600円、予想配当10円)、建株数200株(分割前建株数100株)、諸経費100
  (295円−250)×200株−100=8,900
 

売建玉の評価損益
(建単価−基準値(評価単価)※)×建株数−諸経費
=評価損益
: 分割比率12、建単価350円(分割前建単価700円)、基準値295円(終値600円、予想配当10円)、建株数200株(分割前建株数100株)、諸経費 100
  (350円−295)×200株−100=10,900

評価損益は、現在値ではなく、配当落ちや株式分割権利落ち額を考慮した権利落ち日の基準値で計算します。そのため、「ポートフォリオ」「口座管理」画面などの評価損益が前営業日の引け後の数値と異なる場合があります。