?

受給開始を60歳以降に繰り延べてもよいのですか?その場合の運用はどうなるのですか?

A
加入者等は加入期間の基準を満たした場合、60歳から70歳までの任意の時期に受給を開始することができます。受給開始時期を繰り延べる場合、その間は掛金の拠出ができませんが、引き続き運用指図を行うことができます。また、受給開始後についても、その形態によっては年金資産残高に対して運用指図を行うことが可能です。