?

新規上場銘柄を初値決定前に注文する際の発注可能値幅はいくらですか?

A
新規上場銘柄について初値決定前まで注文可能価格帯が設定されており、注文可能価格帯の上限・下限価格は、以下のとおりです。


■各取引所における初値決定前までの注文可能価格の上限及び下限
上限価格 公募・売出価格の4倍
下限価格 公募・売出価格の4分の1(0.25)

■各取引所における初値決定前の気配値段の上限及び下限
上限値段 公募・売出価格の2.3倍
下限値段 公募・売出価格の4分の3(0.75)


初値決定後は初値を当日の基準値段とし、通常の制限値幅が設定されます。
なお、制限値幅が設定された時点で制限値幅を超えたご注文は取引所で失効となります。


【具体例】
・公募・売出価格(1,000円)
・注文可能価格(上限:4,000円 下限:250円)
・気配値段(上限:2,300円、下限:750円)

上記具体例において「2,300円」で初値が決定した場合、「2,300円」を当日の基準値段とし、通常の制限値幅「上下500円」が設定されます。
したがって、制限値幅「1,800円〜2,800円」の範囲を超えたご注文は取引所で失効となります。

(注)初値決定前の注文可能価格帯や気配更新値幅については、各市場が勘案して決定していますので、上記例と異なるケースがあります。

(注)取引時間中に気配更新値段が上限・下限を超えると当日は値を付けず、初値決定を翌営業日以降に持ち越す場合があります。


※ 「初値」とは、新規上場後に最初に約定した値段の事です。

※ 初値決定前の注文期間については、「当日中」注文のみ受付します。

※ 新規上場銘柄に関する初値決定前の注文可能価格帯や気配更新値幅については、あらかじめ各市場のHP等でご確認いただけるケースがあります。

※ 株式交換・株式移転等に伴う新規上場など、取引所等で上場初日の初値成立前からあらかじめ当日の基準値段・制限値幅が定められている銘柄の場合は、それに基づいた取扱方法となります。

※ 上場初日に初値が成立しない場合、翌日以降のご注文につきましては、取引所の規制等によりご注文を制限することがあります。(詳しくはこちら

※ 一般信用取引新規買建注文は上場初日からお取引いただけます。
ただし、新規上場初日に初値が形成されず、翌営業日より買付代金の即日預託の規制が入った場合は、一般信用取引でも新規買建の注文を受付することはできません。その場合、初値形成日の大引後から新規建注文の受付を開始いたします。

※ 一般信用取引新規売建注文は、在庫の確認が取れ次第、お取引いただけます。