よくあるご質問(Q&A)

積立取引において、余力不足で買付できなかった場合、どうなりますか?

Q

積立取引において、余力不足で買付できなかった場合、どうなりますか?

A
金・プラチナ取引の買付余力拘束タイミングにて、必要な買付余力が不足している場合、積立買付は行われません。
また、買付余力不足により積立買付が行われなかった回数が一定回数に達すると、当該積立設定が強制解除となります。 積立設定の強制解除となる一定回数は、積立方法によって異なります。
※余力不足が一定回数に到達する前に資金の入金などにより、余力拘束時点で必要金額があれば、積立買付が再開されます。積立設定が一度強制解除となった場合、再度積立設定する必要がございます。
下記よりご確認ください。
解決しましたか?