よくあるご質問 Q&A > 商品・お取引 > FX > 取引 > 2WAY注文は、どのように注文するのですか?
?

2WAY注文は、どのように注文するのですか?

A

ディーリングボード上からAsk(買)とBid(売)を確認し、レートを直接クリックした瞬間に提示されていたレートで発注する注文方法です。取引パスワードを入力し、取引を行いたい通貨ペアの数量とスリッページを指定します。買建の場合はAsk(買)、売建の場合はBid(売)をクリックします。
注文発注後にお客様に不利なレート変動があった場合、指定したスリッページ幅(注文を行なったときの値段と約定したときの値段とのズレ幅:スリッページ1=0.01円※)の範囲内であれば変動後のレートで約定します。なお、お客様に有利なレート変動があった場合も約定します。

 

※SBI FX αでは2013/2/18(月)より、対円通貨ペアの為替レートを小数点以下3桁まで表示し、呼値の単位を0.01円から0.001円へ変更しておりますが、2WAY注文におけるスリッページは従来どおり1pt=0.01円(1銭)の設定となります。


■FX取引サイト(PCサイト)の場合


■HYPER FXアプリ(スマートフォン専用アプリ)の場合


<注意事項>
スリッページ幅を指定した場合は下記の場合、注文が失効します。
売注文 注文発注後にスリッページ幅を超えて下落した場合、許容範囲を超えるため、注文が失効されます。
買注文 注文発注後にスリッページ幅を超えて上昇した場合、許容範囲を超えるため、注文が失効されます。

決済注文はFIFO(ファーストイン・ファーストアウト)方式をとっており、約定日時が古い建玉から決済されます。そのため、決済建玉の選択をすることができません。なお、決済注文を発注中の建玉は除きます。

例) 米ドル/円買の場合
Bid
(売)97.350円- Ask(買)97.370円の時点で、ディーリングボード上からAsk(買)をクリックした時点のレートが97.370円 スリッページ指定 3pips0.03円)の場合、受注し約定処理を開始する時点において、Ask(買)97.370円0.03円97.400円以下のAsk(買)レートであれば約定が成立します。

Bid
(売)97.350円- Ask(買)97.370円の時点で、ディーリングボード上からAsk(買)をクリックした時点のレートが97.370円 スリッページ指定 0pips0.00円)の場合、受注し約定処理を開始する時点において、Ask(買)97.370円以下のAsk(買)レートであれば約定が成立します。

例) 米ドル/円売の場合
Bid
(売)97.350円- Ask(買)97.370円の時点で、ディーリングボード上からBid(売)をクリックした時点のレートが97.350円 スリッページ指定 3pips0.03円)の場合、受注し約定処理を開始する時点において、Bid(売)97.350円0.03円97.320円以上のBid(売)レートであれば約定が成立します。

Bid
(売)97.350- Ask(買)97.370円の時点で、ディーリングボード上からBid(売)をクリックした時点のレートが97.350円 スリッページ指定 0pips0.00円)の場合、受注し約定処理を開始する時点において、Bid(売)97.350円以上のBid(売)レートであれば約定が成立します。


スリッページとは、注文を行ったときのレートと約定したときのレートとのズレ幅のことです。
2WAY注文では誤発注防止のため、注文発注後、数秒間は新たな2WAY注文の発注が無効となります。なお、確認画面を省略に設定されて押下した場合、ご注文が発注され受付画面が表示されますが、複数回押下した場合、建玉余力の範囲内であれば、押下した回数分の売買が成立してしまう可能性がありますので、ディーリングボードをご利用される場合には充分にご注意ください。なお、ご注文内容は、注文照会などにて必ずご確認ください。
取引パスワードを保存し、注文確認画面を省略すると、通常の取引画面からは、必要事項を入力後に発注ボタンを押下すると発注が可能となり、ディーリングボード上からの2WAY注文では、ワンクリックで発注ができます。お取引の際には、取引画面をよくご確認、ご注意のうえ、発注ください。

解決しましたか?
Powered by i-ask
ページトップへ