よくあるご質問 Q&A > 税金・特定口座 > 確定申告/譲渡益課税 > 同一銘柄を複数回に分けて購入した場合の買付単価はどのように計算するのですか?
?

同一銘柄を複数回に分けて購入した場合の買付単価はどのように計算するのですか?

A
一般的に複数回に分けて購入された株式の一部を申告分離課税でご売却した場合の買付単価は原則として「総平均法に準ずる方法」で計算します。総平均法に準ずる方法の場合、その株式等を最初に取得した時(その後すでにその株式等の一部を譲渡している場合には、直前の譲渡の時)から譲渡の時までの期間を基準とし、最初に取得した時(または直前の譲渡の時)に有していたものの取得価額の総額とその期間内に取得したものの取得価額の総額との合計額を、その株式等の総数で割って計算をする方法です。最終的なご確認には、最寄の税務署へお問い合わせくださいますようお願いいたします。
解決しましたか?
Powered by i-ask
ページトップへ