よくあるご質問(Q&A)

劣後債とは、何ですか?

Q

劣後債とは、何ですか?

A
劣後債(れつごさい)とは、その名のとおり、債権者(投資家)に対する債務の弁済順位が低い債券のことを指します。 具体的には、優先債務のすべてが支払われるまでは、劣後債に対する分配が行われない仕組みとなっています。 投資家はその発行体の破綻時には高いリスクを負いますが、その分一般債券と比較して高い金利(クーポン)を得ることができるようになっています。 金融機関の発行する劣後債については、一定の制限の下、自己資本比率規制上において資本として計上することができることから、金融機関の資本増強策として利用されることがあります。 企業が発行する劣後債は、その企業の清算時に、残余財産の弁済(支払い)順位が優先される一般無担保社債と弁済順位が最も低い株式との中間的性格を持っており、一般にハイブリッド証券と呼ばれています。
解決しましたか?